FX生活を始めてまだ、数か月の優佳が送るFXと生活BLOG
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
いろんなもの見てFXを勉強中です~!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXって意外にシンプルで簡単ですね~

この手法をみさせていただいて思いました。 → FXの無料でもらった手法


円高+株高そして金急騰!
2009年08月01日 (土) | 編集 |
いろんなもの見てFXを勉強中です~!

円高+株高そして金急騰!
円高+株高そして金急騰!
価格: 1,680円
販売元: 楽天ブックス

近未来経済予測2004年後半 著者:高橋靖夫出版社:廣済堂出版サイズ:単行本ページ数:235p発行年月:2004年06月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)ブッシュ再選、金4000ドルへ?アメリカは「新金本位制」による借金帳消しと世界覇権を狙っている。株は年内17000円に上昇?格上げされた「小泉日本」。外資のM&A資金が割安株を押し上げる。日本株の急反発、円高・ドル安の継続、フセイン拘束…と次々に言い当てた著者が、新たな仮説的近未来予測を公開する。【目次】(「BOOK」データベースより)1 2004年後半「仮説的近未来経済予測」(1)日米合作の株価押し上げ戦略が進行している/2 2004年後半「仮説的近未来経済予測」(2)ブッシュ大統領「再選への秘策」は何なのか?/3 2004年後半「仮説的近未来経済予測」(3)ブッシュ再選で金価格は4000ドルを目指す/4 2004年後半「仮説的近未来経済予測」特別編?日本「マネー敗戦」の裏側を完全検証【著者情報】(「BOOK」データベースより)高橋靖夫(タカハシヤスオ)1943年東京生まれ。1967年慶応義塾大学法学部卒業。1999年埼玉大学大学院経済科学研究科修士。埼玉大学大学院経済科学研究科博士課程在籍中。株式会社一柳アソシエイツ顧問、国際投資経済研究所所長。日本FP学界会員。高校時代から中村天風師に指導を受け、無一文から貸ビルのオーナーになりバブルの最中に貸ビル会社をM&Aで売却することに成功。30年ほど前から石油・ドル・金の相関関係を独自に分析し、「仮説的近未来予測」を始める。その緻密な分析と的確に当たる予測で人気ストラテジストとして注目を集めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 経済・財政> 国際経済


FXって意外にシンプルで簡単ですね~

この手法をみさせていただいて思いました。 → FXの無料でもらった手法


スポンサーサイト
円高・円安とバブル経済の研究
2009年06月09日 (火) | 編集 |
いろんなもの見てFXを勉強中です~!

円高・円安とバブル経済の研究
円高・円安とバブル経済の研究
価格: 5,800円
販売元: 楽天ブックス

著者:松本朗(1958ー)出版社:駿河台出版社サイズ:単行本ページ数:202p発行年月:2001年10月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。・本> ビジネス・経済・就職> その他


FXって意外にシンプルで簡単ですね~

この手法をみさせていただいて思いました。 → FXの無料でもらった手法


テーマ:読んだ本
ジャンル:本・雑誌
円安vs円高
2009年05月24日 (日) | 編集 |
いろんなもの見てFXを勉強中です~!

円安vs円高
円安vs円高
価格: 1,680円
販売元: 楽天ブックス

どちらの道を選択すべきか 著者:藤巻健史/宿輪純一出版社:東洋経済新報社サイズ:単行本ページ数:227p発行年月:2003年11月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)通貨政策は経済再生の切り札!為替を理解すれば正しい運用先もみえてくる。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 日本は今こそ本気で円安政策を(なぜ円安が必要か/なぜ日本は「失われた一〇年」になってしまったのか/円安が景気回復に役立つプロセス?資産効果 ほか)/第2章 円高政策による経済改革の道(円高政策の目的?日本経済を強くするには円高政策しかない/通貨政策の意味を正しく理解することが必要/なぜ円高で経済が良くなるか ほか)/第3章 日本の通貨政策を斬る(日本の通貨政策/資産インフレとアメリカの対応/日本に求められているのは何か)【著者情報】(「BOOK」データベースより)藤巻健史(フジマキタケシ)1950年東京都生まれ。1974年一橋大学商学部卒業、三井信託銀行入社。ノースウエスタン大学大学院ケロッグ・スクールに社費留学。1980年MBA(経営学修士)取得。三井信託銀行ロンドン支店勤務を経て、1985年外資系金融機関モルガン銀行に勤務。同行で資金為替部長を経て、1995‐2000年東京支店長。この間、東京屈指のディーラーの名をほしいままにする一方、業界向け手書きファックス通信である『プロパガンダ』を日々発行、マーケットにその名をとどろかせる。現在、株式会社フジマキ・ジャパン代表取締役。一橋大学経済学部、早稲田大学大学院商学研究科非常勤講師。日本金融学会所属。『朝日新聞』土曜日版Be「藤巻兄弟」連載宿輪純一(シュクワジュンイチ)1963年東京生まれ。麻布高校・慶応義塾大学経済学部卒。1987年富士銀行新橋支店入行。国際資金為替部、海外勤務、決済事業企画部等を経て、1998年三和銀行企画部入行。決済業務部を経て、合併によりUFJ銀行勤務。現在、東京大学大学院MOT教官。UFJホールディングス経営企画部兼UFJ銀行事務企画部調査役・エコノミスト。映画評論家。専門:国際経済・マクロ経済、金融・決済、企業戦略。参加学会等:日本金融学会、日本証券経済学会、日本フィイナンス学会、ビジネスモデル学会他。各種研究会・審議会・検討部会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 経済・財政> 国際経済


FXって意外にシンプルで簡単ですね~

この手法をみさせていただいて思いました。 → FXの無料でもらった手法


円高災害株安パニック
2009年04月23日 (木) | 編集 |
いろんなもの見てFXを勉強中です~!

円高災害株安パニック
円高災害株安パニック
価格: 1,631円
販売元: 楽天ブックス

著者:浅井隆/戦略経済研究所出版社:総合法令出版サイズ:単行本ページ数:330p発行年月:1995年08月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)80円台の超円高と1万5000円割れの株価は「さあ、日本よどうするのか」と日本自身に突きつけられた大世紀末の鋭いナイフである。それはまさに、立ち行かなくなった日本の従来のシステムに対する重大な警告でもある。日本はいま、興隆か没落かという別れ道の際に立っているのだ。はたして、新生日本への道を切り拓き、21世紀型のパラダイムを創り出すことができるのか。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 円のバブル/第2章 超円高と株安の恐怖/第3章 むしろ怖い円安パニック/第4章 クリントン・トラップの実態/第5章 帝国の没落とドル安不安/第6章 アメリカの最後の手/第7章 円高は大転換を促すシグナル/第8章 官僚“共産主義”の功罪/第9章 妖怪デリバティブと円高/第10章 円高・円安を逆手にとるこの商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 経済・財政> 日本経済


FXって意外にシンプルで簡単ですね~

この手法をみさせていただいて思いました。 → FXの無料でもらった手法


テーマ:特定アジアと日本
ジャンル:政治・経済
最後の円高
2009年02月22日 (日) | 編集 |
いろんなもの見てFXを勉強中です~!

最後の円高
最後の円高
価格: 1,470円
販売元: 楽天ブックス

著者:浅井隆出版社:第二海援隊サイズ:単行本ページ数:204p発行年月:2006年10月この著者の新着メールを登録する【著者情報】(「BOOK」データベースより)浅井隆(アサイタカシ)経済ジャーナリスト。1954年東京都生まれ。学生時代から経済・社会問題に強い関心を持ち、早稲田大学政治経済学部在学中に環境問題研究会などを主宰。一方で学習塾の経営を手がけ学生ジビネスとして成功を収めるが、思うところあり、一転、海外放浪の旅に出る。帰国後、同校を中退し毎日新聞社に入社。写真記者として世界を股に掛ける過酷な勤務をこなす傍ら、経済の猛勉強に励みつつ独自の取材、執筆活動を展開する。現代日本の問題点、矛盾点に鋭いメスを入れる斬新な切り口は多数の月刊誌等で高い評価を受け、特に1990年東京市場暴落の謎に迫る取材では一大センセーションを巻き起こす。その後、バブル崩壊後の超円高や平成不況の長期化、金融機関の破たんなど数々の経済予測を的中させてベストセラーを多発し、1994年に独立。1996年、従来にないまったく新しい形態の21世紀型情報商社「第二海援隊」を設立し、以後その経営に携わる一方、精力的に執筆・講演活動を続ける。2005年7月、日本を改革・再生するための日本初の会社である「再生日本21」を立ち上げた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。・本> ビジネス・経済・就職> 経済・財政> 日本経済


FXって意外にシンプルで簡単ですね~

この手法をみさせていただいて思いました。 → FXの無料でもらった手法


テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。