FX生活を始めてまだ、数か月の優佳が送るFXと生活BLOG
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
いろんなもの見てFXを勉強中です~!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXって意外にシンプルで簡単ですね~

この手法をみさせていただいて思いました。 → FXの無料でもらった手法


円安vs円高
2009年05月24日 (日) | 編集 |
いろんなもの見てFXを勉強中です~!

円安vs円高
円安vs円高
価格: 1,680円
販売元: 楽天ブックス

どちらの道を選択すべきか 著者:藤巻健史/宿輪純一出版社:東洋経済新報社サイズ:単行本ページ数:227p発行年月:2003年11月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)通貨政策は経済再生の切り札!為替を理解すれば正しい運用先もみえてくる。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 日本は今こそ本気で円安政策を(なぜ円安が必要か/なぜ日本は「失われた一〇年」になってしまったのか/円安が景気回復に役立つプロセス?資産効果 ほか)/第2章 円高政策による経済改革の道(円高政策の目的?日本経済を強くするには円高政策しかない/通貨政策の意味を正しく理解することが必要/なぜ円高で経済が良くなるか ほか)/第3章 日本の通貨政策を斬る(日本の通貨政策/資産インフレとアメリカの対応/日本に求められているのは何か)【著者情報】(「BOOK」データベースより)藤巻健史(フジマキタケシ)1950年東京都生まれ。1974年一橋大学商学部卒業、三井信託銀行入社。ノースウエスタン大学大学院ケロッグ・スクールに社費留学。1980年MBA(経営学修士)取得。三井信託銀行ロンドン支店勤務を経て、1985年外資系金融機関モルガン銀行に勤務。同行で資金為替部長を経て、1995‐2000年東京支店長。この間、東京屈指のディーラーの名をほしいままにする一方、業界向け手書きファックス通信である『プロパガンダ』を日々発行、マーケットにその名をとどろかせる。現在、株式会社フジマキ・ジャパン代表取締役。一橋大学経済学部、早稲田大学大学院商学研究科非常勤講師。日本金融学会所属。『朝日新聞』土曜日版Be「藤巻兄弟」連載宿輪純一(シュクワジュンイチ)1963年東京生まれ。麻布高校・慶応義塾大学経済学部卒。1987年富士銀行新橋支店入行。国際資金為替部、海外勤務、決済事業企画部等を経て、1998年三和銀行企画部入行。決済業務部を経て、合併によりUFJ銀行勤務。現在、東京大学大学院MOT教官。UFJホールディングス経営企画部兼UFJ銀行事務企画部調査役・エコノミスト。映画評論家。専門:国際経済・マクロ経済、金融・決済、企業戦略。参加学会等:日本金融学会、日本証券経済学会、日本フィイナンス学会、ビジネスモデル学会他。各種研究会・審議会・検討部会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 経済・財政> 国際経済

スポンサーサイト

FXって意外にシンプルで簡単ですね~

この手法をみさせていただいて思いました。 → FXの無料でもらった手法


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。