FX生活を始めてまだ、数か月の優佳が送るFXと生活BLOG
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
いろんなもの見てFXを勉強中です~!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXって意外にシンプルで簡単ですね~

この手法をみさせていただいて思いました。 → FXの無料でもらった手法


円安バブル崩壊
2009年10月28日 (水) | 編集 |
いろんなもの見てFXを勉強中です~!

円安バブル崩壊
円安バブル崩壊
価格: 1,680円
販売元: 楽天ブックス

金融緩和政策の大失敗 著者:野口悠紀雄出版社:ダイヤモンド社サイズ:単行本ページ数:236p発行年月:2008年05月この著者の新着メールを登録する急激な円高と止まらぬ株価下落。日本経済はいまや深刻な危機に陥った。主要因とされる「サブプライムショック」による米国経済の落ち込みは、あくまでも引き金に過ぎない。根本的な原因は、旧来型産業と目先の景気回復ばかりを優先した「超低金利・円安誘導政策」にある。経済政策の無能を厳しく指弾する痛快経済エッセイ!【内容情報】(「BOOK」データベースより)異常な円安誘導・低金利政策で、見せかけの好景気を享受してきた日本。だが、サブプライムショックが引き金となり、歪みきった日本経済は深刻な危機に陥った!1ドル70円台でも生き残る道はあるのか。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 円安バブル頼りだった景気回復/第2章 サブプライムローン問題が円安バブルを破壊した/第3章 「金融立国」は必要だが、可能か?/第4章 ただ驚嘆するほかはない「グーグル」/第5章 地域間格差の是正はバラまきでなく創意で/第6章 年金改革をいかに進めるべきか/第7章 政策論議の基本とすべき思考法【著者情報】(「BOOK」データベースより)野口悠紀雄(ノグチユキオ)1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授などを経て、2005年4月より早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主要著書に『情報の経済理論』(東洋経済新報社、1974年、日経経済図書文化賞)、『財政危機の構造』(東洋経済新報社、1980年、サントリー学芸賞)、『土地の経済学』(日本経済新聞社、1989年、東京海上各務財団優秀図書賞、不動産学会賞)、『バブルの経済学』(日本経済新聞社、1992年、吉野作造賞)等多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> エッセイ> エッセイ

スポンサーサイト

FXって意外にシンプルで簡単ですね~

この手法をみさせていただいて思いました。 → FXの無料でもらった手法


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。